がんの色々

20世紀から21世紀にかけて、医療は大きな発展を遂げました。がん治療も、例外ではありません。かつて、がんが不治の病であるかのように恐れられた時代もありました。ですが近年では、早期発見と適切ながん治療を受ければ、治る見込みが十分ある病気だと考えられているのです。

胃がん、肺がん、肝臓がん、膵臓がん、乳がん、喉頭がん天など。がんは、体の様々な部位に発生します。
一口に「がん」と言っても、発生部位によって、症状も治療法も様々です。
例えば、胃がんはがんの中でも特に罹患数の多い病気です。ですが、その5年生存率は71.9%です。一方、膵臓がんの5年生存率は、わずか10.3%です。
胃がんは、進行するとともに何らかの症状が出てくることがあります。胃潰瘍などを疑って病院を受診したことによって、発見されるケースも多いようです。また、胃がんの定期健診も普及しています。ところが、膵臓がんは目立った初期症状がないため、発見が送れることが多いのです。

現代では、主に3つのがん治療法が確立しています。それは、「外科手術」「薬物療法」「放射線治療」の3つです。
ですが、治療の方針や組み合わせ方も、がんの発生部位や進行度によって大きく異なります。例えば、胃がん治療では、外科手術、内視鏡治療、薬物療法が中心となります。一方、膵臓がん治療では、外科手術、抗がん剤治療、放射線治療が中心となります。

このサイトでは、胃がんと膵臓がんを例に挙げて、がんについて考えてみたいと思います。部位による症状の違いや治療法の違いを知るためのヒントとなれば、幸いです。

記事

関連リンク

治療について知りたいなら『胃がん治療にかんする情報まとめサイト』

Comments are closed.

カレンダー
2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031